FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

写真 : ミニワールドカップ

エルサルバドル
今回の会場は、私たちパンピーはなかなかポッと使うことは出来ないエルサルバドル国立競技場「エスタディオ・デ・ホルヘ・マヒコ・ゴンザレス」です。
マヒコ・ゴンザレスは過去の記事でも紹介した、エルサルバドルのサッカー界の神サマです。
さすが神サマの名を冠するスタジアムだけのことは有り、どーんとマヤの祭殿が設けられています。何を祀るんだ???
文化財保護隊員の吉留選手によると「紀元後2000年くらいで考古学的にまったく価値が無い!?」とのことです。

Q2.jpg
写真左にカタール2022の大きな垂れ幕!あと10年も先なのに、すごいなぁ。

Q4.jpg
今回のイベントの参加国です。
左から、韓国、アメリカ、日本、エルサルバドル、カタール、メキシコ、グアテマラ、コスタリカ、イタリアです。まだ国旗が掲揚されていませんが、他にドイツとコロンビアも参加してます。

Q3.jpg
真ん中に柳川選手、右に角一選手です。
何をしているのかと言うと、、、世界中に派遣されている青年海外協力隊員の有志が3月11日に発生した東日本太平洋沖地震の被災地へ世界の人々のメッセージを届けようと「世界から元気を届けるメッセージプロジェクト」を立ち上げました。
我々ハラペーニョス/ニャスも本プロジェクトの趣旨に賛同し、選手の任地やサッカーを通して出会った人々のメッセージを集めることにしました。プロジェクトの詳細はホームページをご覧下さい。
そんな訳で、この日会場に集まった世界各国の大使館関係者の方々に本プロジェクトへの協力を呼びかけるため、柳川選手が懸命に宣伝をしています。

Q5.jpg
開会式です。プラカードまで用意しちゃって、さすがの熱の入れようです。

Q6.jpg
開会式が始まると、主催者側(カタール大使館、エルサルバドル体育省)の配慮により東日本太平洋沖地震の被災者に向けて1分間の黙祷が捧げられました。

Q7.jpg
その後、主催者のカタール大使館、エルサルバドル体育省とカタールのW杯振興担当の方の挨拶がありました。
そして何故か、在エルサルバドルJICA所長も挨拶してました。

Q8.jpg
参加国の一つ、韓国大使館の人々との一枚です。
アジアは一つです。
ちっちゃな出会いですが、こんな些細な交流から国同士の付き合い方もよくなったらナァと思うのです。

Q9.jpg
主催者からカタール2022のTシャツをお土産にいただきました。
デルモはハラペーニョスのマスコット、高野隊員です。
ちっちゃ!?…あ、Tシャツが馬鹿デカイんね。

Q10.jpg
試合形式はトーナメントです。
コートをふたっつに分けて、ミニゲームのようにして行いました。
でもこの狭い中に10人入っているチームもあり、まぁ好きなように、楽しんでやっていました。

Q11.jpg
さあ、第一試合です。
負けたらソッコー帰らなきゃだよ!?

Q12.jpg
今回は大使館から参加してくれた方が多く、いつも駆けつけてくれる加藤さんの他、中澤さん、渡邉さん、植野さんが参加してくれました。
あざーすっ!!!

Q13.jpg
植野さんです。巧みなボールタッチでしたね~。
いつでもご参加お待ちしています。

Q14.jpg
高野隊員です。
メキシコ女子チームの助っ人で、吉留隊員と共にトレードです。
心なしか、ハラペーニョスの試合よりも輝いていました。いや、、、輝いてた。

Q15.jpg
一緒にトレードの吉留隊員です。ポジション、GKです。
「アイツ、いいなぁ~。」て感じでしょうか。なぜか哀愁が漂う吉留隊員です。

Q16.jpg
そんな訳で、第一試合は負けてしまいました。
本来であればソッコー帰宅だったのですが、なんとカピタン中村が奇跡の敗者復活くじで見事!!!当たりくじを引き当て、願っても無い敗者進撃のチャンスをモノにしました。
さすがゴリラ!?トッポギ、ピョーン!!!

Q19.jpg
第二試合は、お互いに硬いゲーム運びでPK戦にもつれ込みました。
結果は、、、

Q20.jpg
1-2で負けちゃいました。
第二試合GKを務めた角一選手、2本決められちゃいました。
残念!?まだまだ修行が足りません。

Q21.jpg
最後はみんなで、、、は出来なかったので、ハラペーニョスの雄姿をパチリ。
スポンサーサイト

静岡ペルー選抜&ふんだ戦

【結果】
4月30日 18:00~ スポーツ・パル高根の郷(静岡県藤枝市)
-----------------------------------------------------------------
一回戦:ハラペーニョスOB 2-1 ふんだ
二回戦:ハラペーニョスOB 0-6 静岡ペルー選抜
三回戦:ハラペーニョスOB 1-2 ふんだ
四回戦:ハラペーニョスOB 1-3 静岡ペルー選抜
五回戦:ハラペーニョスOB 0-2 ふんだ

※ふんだ:初代カピタン櫻井兄が率いる地元強豪チーム。

-----------------------------------------------------------------
21.DF 櫻井  2ゴール
88.MF 堀秀  1ゴール
良平さんの友人 1ゴール
-----------------------------------------------------------------
【メンバー】

21.DF 櫻井 41.DF 福井 5.DF 佐々木 3.MF 小林

20.MF 山本 88.MF 堀秀

助っ人:良平さんの友人、小林選手の彼女、櫻井婦人

-----------------------------------------------------------------
【戦評】


埼玉、神奈川、静岡、名古屋、大阪より、
ハラペーニョス創成期の往年の名プレイヤーが
静岡県藤枝市に集結し、ハラペーニョスOBによる
記念すべき第一戦が行われました!!

対するチームは、カピタン櫻井兄率いる地元強豪ふんだ、
華麗なパスワークが持ち味のペルー選抜です。

第一戦は、ブランクからか、動きが悪く防戦一方であったが、
粘り強く守り、少ないカウンターチャンスをモノにして
幸先良く勝利する!

第二戦のペルー選抜は、テクニック、運動量ともに
ハラペーニョスを圧倒する。華麗なパスワークに
翻弄される。

三戦目くらいから調子を取り戻してきたハラペーニョスは
第四戦でペルー選抜と互角以上の戦いを演じる。
ラスト3分まで1点リードするも、体力が底を尽いたところを
攻められ連続3点を失ってしまった。
山本選手の『プータ』という叫びが虚しく響き渡った。

-----------------------------------------------------------------
【初代カピタン櫻井コメント】

初のハラペーニョスOB合宿で、
南米選抜とふんだ選抜(さくらい地元チーム)との
ドリームマッチが実現した。
このメンバーで試合をするのは一年以上ぶり。
強敵相手に大健闘。

ホーリーさんことハラペーニョスのJESUSは
 
『地元のフットサルでは物足りない。
        やっぱハラペーニョスだよな。』

との事。
要するに『ハラペーニョスは永久に不滅です。』

集まってくれたみんなありがとう。現役ハラペーニョス選手、日本で待ってます。

-----------------------------------------------------------------

エルサルバドル

懐かしいメンツが揃いました。
相変わらず堀選手はパ○ツ被ってます(笑)


エルサルバドル

気合い入ってますが、ブランクが心配でした。
小林、福井、佐々木は一年近く試合から遠ざかってますが。


エルサルバドル

奮闘する櫻井婦人です☆


エルサルバドル

室内フットサル場は快適です。
さすが日本!!


エルサルバドル

ペルー選抜&ハラペーニョスOB。



エルサルのハラペーニョスのみなさん!
日本から応援してます。
今後も頑張って、ハラペーニョスを盛り上げていってください!!

帰国したらハラペーニョスOBが待ってますよ☆



※管理人さん、勝手にアップしてごめんなさい。(旧管理人:福井)


≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。