FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

コリマ戦

-----------------------------------------------------------------
【結果】
9月17日 15:00~ クスカトラン県コリマ市
-----------------------------------------------------------------
ハラペーニョス 2-5 コリマ市選抜
-----------------------------------------------------------------
22.MF 渡邊 1ゴール
xx.MF 助っ人A 1ゴール
-----------------------------------------------------------------
【メンバー】


【交代】
44.FW 加藤 → 73.FW 並木
22.MF 渡邉 → xx.MF 助っ人A
47.MF 高野 → xx.MF 助っ人B
57.MF 森永 → 12.DF 白井

【戦評】

今回はもうじき帰国する藤澤隊員の任地です。
藤沢隊員と言えばこれまでアジアの壁としてハラペーニョスDF陣を支えてくれ、
今ではチームに欠かせない成長株。
彼の引退試合に華を添えるために何としても勝利したいハラペーニョス。

試合はハラペーニョスペースで進みます。
相手DFの高いラインの裏を狙い、スピードのある加藤領事
最近現地の女の子と仲のいい中野隊員の2トップを走らせます。
何度も相手GKと1対1の場面を作りますが
いつになっても解消されない決定力不足で肝心のシュートが入りません。

すると流れは徐々に相手に傾きます。
こちらも単純にディフェンスラインの裏にロングボールを放り込み、一発でゴールを奪いにきます。
藤沢隊員を中心に踏ん張っていたハラペーニョスでしたが、一瞬の隙を突かれて先制点を奪われます。
今日右サイドハーフに入った高野隊員の果敢なオーバーラップから
センタリングに持ち込むも最後のフィニッシュまでは持ち込めません。

いつもより明らかに体の重いハラペーニョスメンバー。連敗の重い空気も重なってか
反撃する力なく2点を奪われます。前半終了間際、ペナルティーエリア外で得たFK。
これを大使館専属運転手ペドロが決めるがこれが精いっぱい。前半を1-3で折り返します。

後半体力の落ちたハラペーニョスメンバーは
大使館のアドリアーノこと岩野さん大使専属公邸料理人の並木さん
そしてFKの申し子渡辺さんを投入し巻き返しを図ります。
若い3人が入って攻撃が活性化し次々とチャンスを得ます。
ゴール右から得たFKを交代で入った渡辺さんが決めると、流れは一気にハラペーニョスへ。

気迫のこもったディフェンスでチームを鼓舞するシニアボランティアの白井SV
ハムスターのように足を高速回転させて相手FWに食らいつく高野隊員
4本の足で奮闘する森永隊員…。
ディフェンスリーダー藤澤くんがずっと支えてきた土台にこれだけの力が加わった。
これがハラペーニョスだ!!

しかし…ここはマンガの世界ではありません。
点差をいくら離されても何度も追いつける湘北の粘り強さはハラペーニョスにはありませんでした。
DF陣の奮闘もむなしくダメ押し弾を決められ結局2-5で敗れてしまいました。

しかし!サッカーは結果だけではありません!

「とっぽぎ、サッカー好きか?」

エルサルの地でサッカーに出会い、サッカーに燃えた彼に贈る
カピタン中村からの最後の言葉でした。

ちなみに
帰国するもう一人の隊員GK吉留隊員は「ぷーたっ!」といいながら山積みのレポートを
帰国間際まで書き続けていました。
吉留隊員もお疲れ様でした。

2人とも日本でまた会いましょう。

そして
次回ハラペーニョスの試合は乞うご期待!!

中米でプロとして活躍していた「あの人」が参加するとかしないとか!?


-----------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

写真 : ハラペーニョス × メアンゲラ島選抜戦

IMG_2292.jpg
ハイハーイ、島です!!!エルサルバドル屈指の寒村型リゾート地、メアンゲラ島です。
陸路と海路で片道5時間です!!!いやぁ、遠いよね~!?エルサルバドルの最果てです。
こちらの島、メアンゲラ島では牡蠣の養殖が行われており、この活動のために村落開発普及員の天神隊員が派遣されています。
定期便は一日に往復一本しかなく、通常であればとてもとても日帰りで試合が行える交通環境ではありません。
しかし、今回はアゲ嬢天神の手練手管の奮闘により、メアンゲラ市役所がランチャ(小型船)をチャーターしてくれました。拍手ーーー!!!
しかもひなびた漁村の雰囲気を醸し出すこのリゾート地を堪能しないのは勿体無いという事で、ホテルも手配してくれました!!!重ねて拍手ーーー!!!

エルサルバドル
さてさて、試合です。
お、芝カンチャ?なかなか良さそうじゃナーイ?

_DSC5368.jpg
と、思ったのも一瞬。
芝と言うか、ただの草。そして、水はけ最悪、もう沼です。
いやもう、グチャグチャになること覚悟で、試合開始デース!?

_DSC5381.jpg
対戦相手は、ホンモノのメアンゲラ選抜!!!精鋭たちです。
さすがホンモノ、足元のコンディションが悪いにもかかわらず、ハラペーニョスは序盤からいいように攻められます。
チームとしての土台が、完成度が雲泥の差です!?

_DSC5382.jpg
ほら、もうグチャグチャ。
そしてめっちゃ責められルー!!!

_DSC5395.jpg
もう、めっちゃ大変な試合ですが、今回はナント、シニアボランティアの白井さんも初参戦です!!!
写真中央の黒短パンが白井さんです。60歳を超えているそうですがしっかりと動いてくれます。
これからも是非試合に参加していただきたいですね。

_DSC5400.jpg
そして、ハラペーニャスからはカピタン清水隊員も助っ人参戦です。
いやいやありがたいことです。

_DSC5416.jpg
メアンゲラ島のマスコタです。
島唯一のリゾートホテル(今夜の宿)から駆けつけてくれました!!!
もちろん、ギャラリーもたくさんでしたよ。

_DSC5429.jpg
最後はみんなでパチリ。
このあとには、島民総出かと思われる熱烈歓迎を受け、お昼を作っていただいたりとメアンゲラ島民には大変にお世話になりました。
日頃の天神隊員の愛されっぷりが窺い知れます。よしよし。

_DSC5436.jpg
おまけの一枚です。
試合が終わって、あとはメアンゲラ島を楽しむだけですねー!

メアンゲラ島戦

-----------------------------------------------------------------
【結果】
8月27日 11:00~ メアンゲラ島
-----------------------------------------------------------------
ハラペーニョス 2-12 メアンゲラ島選抜
-----------------------------------------------------------------
44.FW 加藤 1ゴール
39.DF 藤澤 1ゴール
-----------------------------------------------------------------
【メンバー】


【交代】
12.DF 白井 → 11.DF 清水

【戦評】

さて今回の試合場所はなんと島!シマ!しまーー!
村落開発普及員の天神隊員の任地、またエルサル有数のリゾート地(?)のメアンゲラ島です。
ハラペーニョス史上最長距離!
片道5時間をかけてたどり着いたメアンゲラ島には島民選りすぐりの猛者たちが待っていました。

正直、なぜこんな相手を選んでしまったのか。
試合結果を見て後悔の念に堪えないカピタンですが…
あまり振り返りたくない試合を振り返りましょう。

相手は20代~30代の生き生きとした連中。
それもそのはず、メアンゲラ島1の選抜チームなのです。
試合前、監督が選手に細かい指示を送っているメアンゲラ選抜に対して
のほほん気分でメアンゲラ観光にきたハラペーニョスは
芝の劣悪な状態(ドロドロ、ビチョビチョ)と鼻をつまみたくなる異臭に悶絶し
試合どころではありません。

しかし、そんなこと言ってられません。
今回はなんと白井SV(シニアボランティア)が初参戦!
60歳手前のマラソンランナーが
ハラペーニョスのセンターバックとしてスタメンに大抜擢されました!!

試合は前半からメアンゲラ選抜ペース。支配率は80%といったところでしょうかw
まったくと言っていいほどボールに触らせてもらえないハラペーニョス。
相手チームはFWからGKまで全員足もとの技術がしっかりしている上、組織として非常に機能していました。
パスの出し手と受け手の連携が絶妙かつ、ゴールを意識したトラップ、
個人ではなく細かくパスを回して、チームとして崩してくるスタイルはエルサルのチームには珍しく
今までハラペーニョスが闘ってきた中で一番の相手でした。
終始ハーフコートの中で試合が展開され、ボール回しに付き合わせられているような形。
体力の消耗も激しく、前半だけでなんと7点を入れられてしまいます!

後半は無駄にボールを追いかけず
中でしっかりと守りを固める作戦に変更しました。
その作戦が功を奏し、押し込まれるものの
最後の最後でゴールを割らせない粘り強いDFができてきました。
しかし、前半全力でボールを追いかけた代償はあまりにも大きく
足が止まる時間が増えてきました。
女子カピタンの清水隊員を投入するなど総力戦で戦い抜いたハラペーニョスでしたが、結局後半は5点を献上。

ハラペーニョス史上最多失点12点を決められ大敗したのでした。

しかーし。下を向いてばかりいてはいけません!
初参戦にもかかわらず、最後まで走りぬいた白井SV
前女子カピタンTOYOKIを彷彿とさせる男子さながらの奮闘を見せた清水隊員
行きつけの床屋で失敗していると気づかず通い続けている藤沢隊員の初ゴールは
今後のハラペーニョスの明るい材料でした。

この結果を真摯に受け止め、次の試合に生かすんだ!

最後に
島をあげて僕たちを歓迎してくれたメアンゲラ島のみなさん。
ありがとうございました。とてもいい思い出になりました。
次回はサンサルでー。お手柔らかにお願いします。

-----------------------------------------------------------------
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。