FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

サカテコルカ・ホセ・シメオン・カニャス高校戦

-----------------------------------------------------------------
【結果】
7月23日 9:00~ ラ・パス県サカテコルカ
-----------------------------------------------------------------
ハラペーニョス 1-5 ホセ・シエモン・カニャス高校選抜
-----------------------------------------------------------------
70.FW 中村 1ゴール
-----------------------------------------------------------------
【メンバー】


【交代】
42.MF 山崎 → 63.MF 中野
9.MF 齋藤 → 49.DF 角一
39.DF 藤澤 → 8.MF 伊藤

【戦評】

22-3次隊齋藤隊員の任地サカテコルカでの試合。
実はこの場所、齋藤さんの前任者、つまり初代カピタン櫻井さんの任地でもあります。
思えばハラペーニョスが始まったのもこの場所からでした。
過去の試合映像を振り返ると(実は毎試合ビデオとっています)、櫻井カピタンを初め
ハラペーニョス初期メンバーが奮闘している場所は決まってこのサカテコルカなのです。

創部から2年以上が経ち、新しいハラペーニョスが同じピッチに立っています。
サッカー部の伝統がこれからも続いていくと良いですね。

さて今回の試合相手は週に2,3回は練習しているという噂の齋藤隊員の同僚チームです。

齋藤隊員「あの10番はシュートが強い、あいつはドリブルがうまい、あいつはスピードがある、あいつは…」

要は全員強いってことですか!
試合前から味方から脅かされていたメンバーでしたが
先制点をあげたのはなんとハラペーニョスでした!
激しいプレッシャーをかいくぐりながら、山崎隊員がゴール前で待っていたカピタン中村にラストパス。
カピタンは冷静にダイレクトで流し込む。

まさかの先制点奪取に相手は呆然。
口あんぐり状態。

しかし、ハラペーニョス電光石火の攻撃で火がついた相手は徐々にリズムを取り戻します。

前がかりになっていたハラペーニョスDF陣の隙を突き1点、巧みなパスワークから完全に崩して1点。
一気に逆転を許します。
齋藤隊員のフィジカルを活かした果敢なドリブル、フットサルになると1.5倍キレ味が増す山崎隊員の正確なパス。足元の技術も上達したDF藤澤隊員、そしてスーパー岸川守護神。
全員それぞれの長所を出しているのですが連動して動かないと勝てないのがフットサル。
相手にはその差を見せつけられました。
後半、水泳部部長の中野隊員、試合前から嘔吐寸前の角一隊員、黒すぎる伊藤隊員をピッチに送りますが
うまく機能しません。

相手に翻弄され、3、4、5点目をいとも簡単に決められてしまいました。
良いところなく惨敗!

「もっとフットサルを勉強しよう」

帰りのバスの中、「なでしこJAPANかわいいのは川澄か丸山か」で議論する中、
一人だけ冷静に試合を振り返っていた藤澤隊員であった…

-----------------------------------------------------------------
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://elsalvadorfutbol.blog74.fc2.com/tb.php/133-aa63651d
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。